ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2018年9月22日土曜日

2918/09/22 喜多郎さんのお話を聞いて②


 先日の世界的音楽アーティストである喜多朗さんとの交流会の感想文をご紹介させて頂きます。


1から10の法則を聞いて、小さいことも大きいことも1~10でできているなと思いました。
洗いもの、洗濯物、掃除、そして私の人生も1~10に例えると、私の人生で変わった自分を10にすると、
1~5は悪い自分、だけど水輪に来て6、そこから水輪で学んで変わった自分になれば10、
そこからまた1~10が始まると思いました。
そう思って全て頑張りたいです。
良いお話を聞かせて頂きました。
本当にありがとうございました。

(A.I)

今日は貴重なお話を聞かせて頂きましたこと感謝しています。
諦めないこと、感謝すること、思いやりを持つ、1~10までの法則で決まっていて、まるで人生ゲームのようになっており、人生の中で、何か諦めてしまうと、1からスタートしなおすことになります。
何事もあきらめず、前に進んでいくことが、ゴールへの近道となるのだと知りました。
自分も、何事も諦めずに前へと進んでいきたいと思います。

(S.H)

喜多朗さんの話の中で、何事も楽しむことで色々なことを乗り越えてゆくという話を聞きました。
ネガティブなことも徐々にポジティブな考え方に変われる、又、何事も諦めないで一生懸命に1から10まで取り組むこと、そうやってコツコツと地道にめげないで頑張ることが大事だと、そして、ありがとうという言葉のすごさを語ってくださいました。
何事にもありがとうという気持ちを持つことで自然に色々な事がありがたくなれる、このことがとても大事で、物事を地球の外から見ると問題はなくなるという話はすごいなと思いました。
大きな視点で見ることはとても重要なんだと感心させられました。
喜多朗さんの話を聞かせて頂けて、本当にうれしかったです。
ありがとうございました。

(G.O)