ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2018年3月2日金曜日

2018/03/01 「働き方」稲盛和夫著 から学ぶ 


いのち森生き方働き方学校で行っている「働き方」稲盛和夫著の勉強会の感想文を紹介させていただきます。


 稲盛さんのいう「原理原則」は、「人間として正しいかどうか」というすごくシンプルなものでした。この原理原則は、何か一つのことだけに対応するのではなく、普遍的で、経営にも、もちろん人生にも使えるものです。

 しかしその原理原則を貫く強い意志とは、並大抵のものではないと思います。私自身自分に甘く、安易な方向へすぐ流れていってしまいがちです。しかしここいのち森生き方働き方学校には、自分が楽な方向へ流れてしまいそうになったとき、それを支えてくれる仲間がいて、稲盛さんのいうこの原理原則を貫くには、もってこいの環境だと感じます。改めて、人は一人では生きられないということを思いました。

 また、もうひとつ印象に残っている言葉があります。
それは、
「いまこのときを懸命に生きる」
ということです。気が付くと、いつも先の、将来の見えない不安に苛まれてしまい、今に集中できないことが多くあります。焦りや不安に流されず、今日一日を懸命に生きる。今の自分に一番必要なことだと思います。そのために、呼吸を深く、目の前のことに一生懸命向き合っていきたいです。
                             
実習生 Y・Tさん