ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2018年1月24日水曜日

2018/01/24 皆で味噌作りを行いました!



先日、いのちの森生き方働き方学校では味噌作りを行いました!
光の水自然農園の自然農で育った大豆と、お米の米麹を使い、塩は国産最上級の石垣の塩を使用しています。素材にとことんこだわった安心安全のお味噌です。
もちろん味もとっても美味しく、自然の旨味がつまった最高のお味噌です。食べるとなんだかホッとする、心温まる優しい味です。

おいしさの秘密は自然本来にこだわった素材はもちろん、皆の作る心がこもっているからです。味噌作りは、大豆を洗うときから、豆を煮て、米麹と塩を混ぜて、練って、樽に入れるまで全て人の手で行っています。

そのときに大切にしていることは、「心」を込めることです。生き方働き方学校の実習ではすべてにおいて、この「心」を込めることを大切にしています。なぜなら、心を込めたかどうかで結果が全く変わってくるからです。味噌作りでは特に重要です。なぜなら、米麹の中にいる麹菌は生きていて、人間のその思いに敏感に反応するからです。
「美味しくなってほしい」「食べる人に喜んでもらいたい。」
そういう思いやりを込めて味噌作りを行いました。

味噌の味は塩分量や、大豆の味で決まります。
しかし、表面的な味だけではなく、食べたときに感じる感覚。
「なんかホッとする。」「心が温まる。」
そういう感動は心を込めて作るからこそ、味噌から伝わると思っています。
味噌は最低3年間しっかり寝かせ、十分味を熟成させてから開封します。
グリーンオアシスでは味噌汁をはじめとして様々なお料理にも使用しています。
どうぞ皆さま一度ご賞味ください。

現代社会の中では、お金を払えば野菜でも、漬物でも、味噌でも、何でも手に入れることができます。そしてそのほとんどが、機械化され、化学物質を使い、大きくしたり、味をつけたり、作る工程を簡易化したりしています。
しかし昔は、野菜でも、味噌でもどんなものでも人の手で手作りをするしかありませんでした。
そしてその手作りの中にこそ、現代社会で失いつつある豊かな心があるのではないかと思っています。

いのちの森ではその手作りをするという原点を忘れないでいたいと思います。