ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2017年4月24日月曜日

Series 「働き方」 稲盛和夫著 から学ぶ



生き方働き方学校で行っている「働き方」を教材にしての勉強会での青少年たちの感想文をご紹介します。

働き方感想文 
「もし、苦難や挫折を知らず、有名校に入学し、大企業に就職していたら、私の人生は全く異なったものになっていたでしょう」ということから、自分が引きこもりになった時のことを少し思い出しました。今までの人生で、特に大きな失敗や挫折を経験したことがなく、順調に歩んできたため、「まあ、こんなものか」と「生きる」ことを簡単にとらえていました。
しかし、いざ自分の人生について思い悩んだ時に、壁を乗り越えることができず、引きこもるということになりました。もっと正面から生き抜いて、苦労を買ってでもしていれば、壁にぶつかった時に乗り越える力が身についていたのだと思います。
そして、一生懸命取り組んでいれば、稲盛さんの言うと通り、きっと神の助けがあり、成功することが出来るのだと思いました。
今後、つらいこと、苦しいことがあっても、いつか素晴らしい未来をもたらす一歩になるのだと思い、前向きに取り組んでいきたいと思います。