ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2017年1月24日火曜日

2017/01/23 ひたすらひたすら・・・

ここ飯綱では本当に雪が沢山降ります。多い時には一日雪かきしても一晩たつとあっというまにたくさんの雪が積もります。たくさん積もったところは屋根のうえの雪をかいたり、建物まわりに積もった雪もかかなければいけません。かいてもかいても次から次へと降ってくるので、男性も女性も総出で雪をかいております!

雪かきは体力勝負。そして精神鍛錬です。連日雪かきが続くと、だんだんと体力的にも、精神的にも疲れてきます。そしてさまざまな雑念がでてきます。
「なんでこんなに降るんだ・・・。」「春になったらとけてなくなるのに・・・」
そんな雑念がでてきていると気づいたら、チャンスです。
どんなに考えても、降るものは降ります。
ネガティブにとらえて、愚痴や不満を言っても目の前にある現実は変わりません。
ポジティブにとらえれば、「毎日雪かきで体を鍛えられる」「忍耐力をつけられる」
以前お伝えしたとおり、雪かきを通して学べることはたくさんあります。
考え方によっては
「毎日雪かきができるなんて本当にありがたい。」
と感謝さえできます。
とはいっても、人間は弱いもの。
疲れがたまってくれば心が折れそうになることもあります。
そんなときは、余計なことは一切考えず、呼吸に集中し、目の前の雪をかくことにひたすら集中するのです。
ひとつ。
ふたつ。
みっつ。
心のなかでそう数えながらひたすら雪をかけば、しだいに疲れは和らぎ、意識がすぅーっとしてきます。
それこが今になりきることです。

皆で協力し、少しでも成長できるよう、頑張っていきたいと思います。