ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2016年12月16日金曜日

2016/12/16 朝礼から始まる一日

いのちの森「水輪」の一日は皆で集まって朝礼を行うところからはじまります。まずは元気な声で朝のあいさつ。そして朝一から眠気を振り払って気合いをいれるために空手の一本つきを50回。そして生き方働き方学校の教科書の京セラフィロソフィ(京セラ創業者稲盛和夫著)の読み合わせ、いのちの森理念の読み合わせなど、朝から今日一日を意味あるものとするために自分自身に良い意識をしっかりいれていきます。 京セラフィロソフィの今日の項目は 「動機善なりや 私心なかりしか」 大きな夢を描き、それを実現しようとするとき、「動機善なりや」ということを自らに問わなければなりません。自問自答して、自分の動機の善悪を判断するのです。 (中略) 仕事を進めていく上では、「私心なかりしか」という問いかけが必要です。自分の心、自己中心的な発想で仕事を進めていないかを点検しなければなりません。 動機が善であり、私心がなければ結果は問う必要はありません。 必ず成功するのです。                  ~京セラフィロソフィより~ 皆で力をあわせて、今日も一日がんばります。