ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2016年6月3日金曜日

長野市民生児童委員研修会

長野市の民生児童委員60人余りの方々がいのちの森水輪に研修に来てくださいました。
研修を終え素晴らしいお手紙が届きましたので紹介させていただきます。

民生児童委員N様より
過日は民生児童委員60人余りが大変お世話になりました。
みなさん口を揃えて素晴らしい研修ができましたと喜んでくださいました。
ご縁が契機となり今回の企画となりました。
早穂理さんへの愛情から生れ出てきた命への深い思いとぶれない理念に裏づけされての数々の営みに感動いたしました。とりわけ皆さんが心打たれたのは若者たちの姿でした。まっすぐ顔をあげ胸をはって話してくれる姿や独唱やソーラン節の踊りの姿だったようです。生みの親を超えることができなくても、その母親以上の深い愛情で包んでくれる人がいれば一人の人間としてあんなにも自分自身に自信が持てるように育つことができるのだと。
講義の中でみどり先生が思わず涙で言葉が詰まったお姿を思っても、どんなにかご苦労があったのかと胸いっぱいになりました。
人づくりは大自然や土や植物からも、偉大なる思恵をうけていることも再確認いたしました。まだまだ言い尽くせません。
今後もお二人いつまでもお元気でこの尊いお仕事にご尽力くださいますよう心よりお祈りして、お礼にかえさせていただきます。
今後もし多くの手が必要になったときには、お声をおかけください。
参加者全員が微力でありますが何かお役に立てればと思っております。
ありがとうございました。


いのちの森が行っている自立支援で学んでいる青少年達のソーラン節や独唱は涙ぐむ方や涙が止まらないほどの感動を生み出しました。
独唱
青少年達の真剣なソーラン節
;