ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2016年2月25日木曜日

皆の喜ぶ顔がみたくて

いのちの森の最年長の仲間、J・Kさんの投稿です。
皆のお父さんのような存在のJ・Kさんは最近食事作りの担当になりました。
今まではお料理上手な奥様がいらっしゃり、ほとんどお料理はしてこなかった。
そのため、今後自立して一人でも生活していけるように、お料理の特訓中です。

『皆の喜ぶ顔がみたくて』 J・K
 このところ日中の温度が少し緩んで雪が大分溶けました。
屋根に積もった雪もほとんど落ちています。
少しづつ春の足音が聞こえてきているのでしょうか?
なんとなく気持ちも明るくなってくるようです。
このところ毎日食事作りをしています。
食材はファームで採れた、じゃがいも、にんじん、だいこん、青梗菜などを使って
工夫をしながら、皆が楽しんで食べられる食事を頑張って作っています。
『おいしかった!』と言われる事が何よりの励ましの言葉です。
 明日もまた、皆の喜ぶ顔をみたくて厨房に伺いたいと思います。

J・Kさんはまずは食事作りの補佐として一生懸命30人分の調理を行っています。
歳を重ねられてなおも学びを続けるJ・Kさんの姿は若い私たちのすばらしいお手本になっていただいています。

J・Kさん、いつも美味しいご飯をありがとうございます!