ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2016年1月15日金曜日

T.Aさんの成長

T.Aさんの良いところは、とても真面目で頑張るところです。
直した方がよいところは、無理をしすぎるところ、失敗を気にしすぎてしまうことです。

普段は、実習もていねいで、がんばるT.Aさんですが、もちろん失敗もあります。
この間は、些細な事がきっかけで、思い悩んでしまいました。

しかし、だんだんと切り替え力をつけようと頑張っています。
やってしまったことをいつまでも後悔していては前に進めません。
後悔ではなく、反省することが大事です。

1秒前も過去なのです。
過ぎてしまった時間は戻せません。
いかに次に生かすか、前向きにとらえる練習をしています。

後悔ばかりだったT.Aさんも、少しづつ反省の方に切り替えられるように、周りもサポートしています。

失敗をしてしまい、ぐるぐると考え込んでしまっているときに、声をかける。
今に生きてくださいね。目の前のことに集中しましょう。頑張りすぎないようにね。
声をかけることによって、過去から今に戻ってきます。

この間、T.Aさんの客観シェアリングを行いました。
客観シェアリングとは、その人の改善点を、みんなから出してもらい、どうすればよいのか、
周りはどのようにサポートしていくのかを、話し合うミーティングです。
その人が成長するためのミーティングであり、客観シェアリングを通して、
自分の問題点を初めて知ったり、再確認したりしながら、良い方向へと修正していく
成長するチャンスをもらえるミーティングです。

客観シェアリングでは、みんなの率直な意見が出ますから、
来たばかりT.Aさんでは自分の改善点にばかりフォーカスしてしまい、耐え切れなかったかもしれません。
しかし、T.Aさんは自分の客観シェアリングが終わったあと、
「自分の問題がよく見えるよいチャンスだと思う。これからも定期的に自分の客観シェアリングを開いてほしい」
という発言がありました。
また、今日も自分の客観シェアリングしてほしい人いますかという問いに、真っ先に手を挙げていました。

人は成長します。変わらない人などいません。
たとえすぐには変われなくても、変わろうと思うことが大事です。

自ら変わろうと、失敗を乗り越える力をつけようとしているT.Aさんを、みんな応援しています。
周りもどんどんサポートしていきますので、共に成長していきましょう。