ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2015年12月19日土曜日

外食勉強会No.2

前回に引き続き、今日はファームのメンバーで会食会を開きました。
今回はジャズコンサートに参加させて頂いたご報告をさせていただきます。
音楽を楽しむのも勿論のこと、
ここ水輪では生き方・働き方を学び、実社会に適応出来るような実習の組み立てから始まります。

ファームは畑実習であるので、土まみれになります。
なので、何時に実習を終わらせてシャワーに入る。何人もいるので何時から割り振るか、など、
身支度もその場に合わせた洋服を選び、失礼のないように集合時間に間に合うよう移動時間も考慮する。このように一つ一つが学びであり、実習になります。
 みどり先生・研一先生が『何のために』参加させて下さるのかを、深く考えることが重要です。

それでは参加したファームメンバーの感想をいくつかご紹介致しますのでお読みください。




 Y・Iさん
今日はライブに参加させていただきありがとうございました。

会場がアルカディアだったため、いろいろと気づくことがありました。

自分がお客という立場で見た視点というのは新しい感覚があり、今後の実習にも生かせそうです。

何よりも演奏者の方のエネルギーには驚きました。一つのことに全力で取り組み、一筋に生きる姿は力強くすがすがしさがあります。

年は関係なく、今を真剣に生きる姿は本来の力を感じます。

自分も改めて生きる姿勢を見直したいと思います。

ありがとうございました。


K・A

私は音楽に興味がなかったです。

なので今まであまり音楽を聞いてきませんでした。

ジャズなんてのは特に聞いたことなんてありませんでした。
ただ7080代の方が、そんな歳になってもあんな元気に、あんなすごい演奏ができるなんてすごいなと思いました。そして11年を大切にしてらっしゃる。
7080となると今の私にはすごい遠いことです。そう考えるとここでの数年はわずかなもので、でもとても重要な期間なのかもしれません。


A・N
今日はお食事会に行ってたくさん学ぶことがありました。
まずウエイターさんの格好でやはり清潔感を出す為に髪はみな短くしていて印象も良かったのでやはり髪は短くした方が良いと学びました。
次は食事開始の時間が6時だったのですが6時前に参加者が集った為543分に食事が開始しました。
これは食事もすでに、温めてあり皆が集った為で臨機応変に対応することを学びました。
次は食事中の事についてです。食事がバイキング方式だったのですが料理が無くなりそうになったら間髪いれずに料理を追加していてどの料理が無くなりそうか全体を見る目や素早く行動することあが大事だと学びました。
次にサーバーのトングが小さく、皆にいきわたるようになっていたのでサーバーの大きさもおかずを均等に盛る為にかえていくことが大切だと学びました。
次は音楽の演奏中のことで女性ボーカルの方が言っていたことですが、ボーカルをやりたくて音楽教室にかよったが先生に見放されたがあったがそれでもやり続けた前向きさや恥を恥だと思わないポジティブな受けとりかたがとても心にきて自分もこうありたいと思いました。
これらを学びこれからの実習に生かし次の段階へとレベルアップしていきたいです。



以上、全員ではありませんが感想文のご紹介でした。
みんな、それぞれの観点・視点で様々な学びがあり、日々成長しております。
次回更新をお楽しみにお待ちください。