ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2014年10月6日月曜日

客観シェアリング


皆様こんにちは

 

今日は夜の勉強会で客観シェアリングを行いました。

 
客観シェアリングとは周りから客観的に見た自分の課題をシェアしてもらい本人だけでは気づくことの出来ない課題に気づいてゆきます。

そして気づいた課題について皆で深め合ってゆきます。

 

人間が自分で自分のことをしっかりと深く認識することは大変難しいことです。

そのため本人の課題を自覚するには日々ともに生活をしている周りの人からの意見が大変重要になってきます。

周りからの意見をもらうことにより本人では気づくことの出来なかった自分に気づき、成長への一歩へつながってゆきます。周りの人のほうも他の人の課題に意識を向けることにより、自分にばかり向いていた意識から他の人がもっと良くなるにはどんなところを良くしたらよいのかと他者に意識が向いてゆき成長してゆくことが出来ます。

 

本人もミーティングを通して周りから意見をもらうことにより、自分の中にもいろいろな感情が沸き起こってきます。「そんな細かいことまで言わなくてもいいじゃないか」「何でこんなことまで言われなければならないのか」そのときがまた重要なときです。
 
 
 

これは自分の雑念が邪魔をし、せっかく言っていただいたのに受け止められていないということです。

そこでも自分の心を良く見つめ間違った考え方を転換してゆきます。「いい加減になっていた細かいところまで指摘してくれた」「言っていただいてありがたいことだ」そのように自分の心を見つめ間違った考え方を自覚し正してゆくことにより更なる人間性の向上へとつながってゆきます。

 

今日もこのような形で客観シェアリングを進めてゆき、大変有意義な勉強会となりました。

これからも共に成長してゆけるよう皆で頑張ってゆきます。

ありがとうございました

 
担当 市川