ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2014年7月11日金曜日

台風対策


皆さま、こんばんは。

今日の実習は「台風対策」です。

大型の台風が直撃するとあって、いのちの森 水輪 全体の館内の

外周りにある植物、盆栽、中庭のパラソル、ソーラーライトなどを

守るため、みなで協力して、室内に入れ込みました。



自然農園 水輪ナチュラルファームのメンバーも大切に育てたお野菜達

が被害にあっては大変と、支柱を立て、誘引をしたりと台風に備え準備を

進めていました。

今日にいたってはビニールハウスのビニールを取り払う予定でした。



しかし、台風は直撃せず、植物もお野菜達も被害を受けずにすみました。



みな、台風対策をしている時には、ただひたむきに目の前の「いのち」を

守るため、精一杯の気持ちで取り組んでいたと思います。

そこには何のためとか何でこんなことなどという雑念はなかったはずです。



このことこそが、いのちの森「水輪」で学んでいる「今に生きる」という

ことだと思います。今目の前のことに集中する!今目の前に与えられた実習に

いかになりきって行うことができるかが、自分の課題を乗り越えていける秘訣なのです。



このように、いのちの森「水輪」で行っている実習には、必ず「意味と価値」があり

それを見出すことに、実習の奥義が隠されているのです。
         







         担当 福田