ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2014年7月11日金曜日

2014年7月10日 お誕生日おめでとうございます


                                                                                                         
皆様こんにちは。
そして、みどり先生、誕生日おめでとうございます。                            
そうです、今日はみどり先生の誕生日です。
日頃、私たちスタッフと実習生は、みどり先生には本当にお世話になっています。
ですから、感謝の気持ちを表そうと、感謝状をしたためて、実習の手をしばらく止めて
早穂理庵へ集合しました。
嬉しそうな顔をしているみどり先生の一言にハッとさせられました。
「みんな、ありがとう。でも、研さんのいるときにしましょう」
研さんとは、もちろん塩澤研一先生のことです。
つまり、みどり先生の意味されたことは、
「研さんは日頃、今年は特に多忙を極めていて、わたしたちがこうやって、みんなで集まっている時に、いつも一緒に居られないでしょ。研さんがいないところでこうやってお祝いするのではなくて、やっぱり一家の長なのだから、こういうお祝いごとは研さんのいるときにしましょう」
こう私たちは受け取りました。
みどり先生のことばに、本当の意味で思いやり、愛情というものを感じました。
私たちは、夕方あらためて集まることにしました。
そして、夕方帰って来られた研一先生は、みどり先生に誕生祝いのお寿司を買ってこられただけでなく、私たちスタッフ実習生にまでお寿司とパンを買ってきてくださったのです。
深い愛情がなければ、こういう優しさは出せないと思いました。
いのちの森のスタッフ実習生は、いつもいつも学ばさせて頂いています。
今日は、思いやりと愛情でした。
みどり先生、研一先生、いつもいつも、ほんとうにありがとうございます。
そして、誕生日おめでとうございます。(研一先生は3ヶ月後ですが)















                   











                                                                                   担当:飛田