ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2014年1月9日木曜日

「足るを知る」


みなさま、こんばんは。

 

いのちの森水輪の生活は春から秋にかけての半年はお客様がたくさんいらっしゃる

実践の場。 

 

冬の半年間は自己を見つめ、深める学びの場。

この半年間で深めたことを春から実践の場に活かす。


 


今日の勉強会のテーマは

「足るを知る」

 

今の世の中にもっとも必要なテーマです。

いのちの森は自己を磨く「場」

 

あれがしたい、これがしたい、あれが食べたい あそこに行きたい

 

TVをみることで、本を読むことで 遊びに行くことで

何かを紛らわしてきたことに気づく。

 

シンプルな生活の中にいると自己の在り方がよく見えてくる

こんな利己の自分がたくさんいるんだって気づかされる。

 

「自分が何かをしたい」から解放されると

今度は他者や全体のために何かをし始める用意が出来てくる。

 

こうなりたい、認められたい、出世したい。

そんな利己欲を持ち続けることよりも

自分を高めることで能力がつきその結果お役に立てれば嬉しいと

思えるようになった。Y子さんが言いました。

 

足るを知るの反対は「もっともっと」という人の欲

わたしはもっともっとこの利己欲を手放していきたい。

担当:小林