ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2014年1月8日水曜日

利他行


今日の勉強会では、利他の心をどうやって育てるのか

ということについて深めていきました。

私たちは、日々利他の心を育てるということを目標としていますが、

ただ、「利他の心」という言葉を学んでいるのではありません。

いかに、どうやって利他の心を実践に移すのか、どうやったら

世のため、人のために自分の魂を使うのかを、日々の実習を通して

学ばさせていただいています。

 

例に出たのは、外から中に入るときに、玄関の靴が乱れていたら、

自分の靴を脱ぐときに、隣の人の靴を揃えるということができました。

靴をそろえているうちに、だいたいいつも誰が靴を揃えていないかは分かってきます。

二回、三回言っただけでは、その人は靴を揃えるということはしないかもしれません。

しかし、100回、200回と繰り返し繰り返し靴を揃えるということで、

靴を揃えていない人はもさすがに気づくはずです。

「靴を揃える」という行為を通して、自分の利他の心を育てるだけでなく、

相手にも気づきを与え、相手を成長させているということにつながる

というころを学ばさせていただきました。

利他行を通して、自分も相手も良くなる、これは本当に素晴らしいことだと思います。

 

わたしも、靴が乱れていたら揃えるようにはしているのですが、

このように、相手も良くなるということに考えを結びつけたことはありませんでした。

今日学んだことをしっかりと学びだけでは終わらないように、

これからも続けていきたいと思います。

 

担当:木賊