ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2014年1月5日日曜日

考えかた


稲森和夫さん著作「生き方」という本には、こう書いてあります。

人生・仕事の結果=考え方×熱意×能力

つまり、人生や仕事の成果は、これら三つの要素の“掛け算”によって得られるものであり、“足し算”ではない。

熱意や能力は0点から100点までありますが、考え方はマイナス100点からプラス100点まで点数を付けられます。

掛け算なので能力があっても、熱意に乏しければいい結果はでないが、

逆に能力がなくても、そのことを自覚し人生や仕事に燃えるような情熱で当たれば

先天的な能力に恵まれた人よりも、はるかにいい結果が得られる、と書いてあります。

 


わたしは生き方の本を読んで、特に優れた能力はなくても、自分の熱意、

そして考え方でカバーすれば良いのだということに気づかされました。

「自分には大した才能も、能力もない」とずっと思っていたのですが、

そう考えるのではなくて、大した能力ないのなら、それをカバーするくらいの

プラス方向に考える考え方、人に負けないほどの熱意を

持てば、人以上に仕事成し遂げられるようになるのだと分かり、

自分の能力なさにくよくよ言うのではなく、

まずは自分が改善できるところから、見直していこうと思いました。



自分の考え方で、私は自分の限界をきめてしまっていることが多いので、

自分の考え方を改めていきたいと思います。

 


担当:木賊