ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2014年1月20日月曜日

実習の中の学び

冬場ですが、様々な実習の中にたくさん学びがあります。
今日はその一つを紹介したいと思います。
それは…封筒の判子押しです。

一見大したことのないような実習に思われがちですが、
その実習のなかに、繊細さがとても要求されます。
お客様に送るものですから、曲がっていたり、すれてしまったりしては
その封筒は使えなくなってしまいます。
そのため、すごく集中をしなければ失敗をしてしまいます。
封筒に判子を押す、ということの中に集中力も磨かれ、繊細さも身に付きます。
一生懸命やることで実習に対して、たくさんの価値が見いだせるようになります。
今回はKさんという方に判子押しをやってもらったのですが、
あまりにもきれいだったので、紹介したいと思い、書かせていただきました。

こうやって、一つ一つの実習に対して、
意味と価値を見出し、自分が苦手なことにも、
積極的になれるようになりたいと思います。


担当:木賊