ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2014年1月11日土曜日

人から学ぶこと

今日は、ある出来事を通して、自分の内省を深めるという
体験をしました。

最近Y子さんという子が、眠気が強く、実習に集中できないことが続いています。
Y子さんはとても努力やで、眠気を覚ますために、色々と努力をしています。
自分の足を踏んだり、コーヒー豆をそのまま食べたり、
自分の意識に「目を覚ませ、起きろ」などと言って、
なんとか眠気を飛ばそうと頑張っています。

しかし、なかなか眠気がとれません。
そして、今朝、眠気が覚めない自分にいらいらしたのか、
お掃除のとき、扉をバン、と強く閉めていました。
私は、その行為に対して、自分のいらいらを物ぶつけるな、と注意をしました。
Y子さんは、特に意識してやったわけではなかったとは言っていたのですが、
無意識的にいらいらを物にぶつけてしまっていたわけなので、
自分のできないことにフォーカスすることよりも、今やるべきお掃除の方に集中するようにしてくださいと言いました。


ただY子さんの行動は自分が家にいた頃にやっていたこととつながりました。
私は、自分が注意されると、それが気に入らず、
扉を強く閉めたり、わざと足音を立てて、ばたばたと歩いていました。
それで、よく母親に注意をされていたのですが、なかなかその注意さえも
受け入れることが来ませんでした。
今日のことを通して、私がやっていたことは、なんて人を不愉快にさせる行為だったのか、
そして、母はきっとすごく嫌な思いをしていたのだと思い、内省をすることができました。
自分の一時的な感情を人にぶつけたり、物にぶつけたり、
そういうことをやっているうちは、人間本当に成長ないな、と思いました。
今まで、そういう習慣をつけてきてしまっているので、日々内省を深め
いらいらしても、それを人にぶつけない、自分の感情をコントロールする
そのことをやっていきたいと思います。
そして、人を通して、様々な出来事を通して、学ぶことはたくさんあるので、
起きてくる物事を大切にし、色々なところから学びを深められるようにしていきたいです。

担当:木賊