ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2013年11月4日月曜日

2013/11/02 決意をあらたに

私は、去年の冬からご飯作りの補佐に入れてもらいつづけて、最近ではお客様のお料理の補佐にいれてもらったり、去年の冬は畑でとれた粉を使ってケーキやクッキーを作っていたのですが、最近は1日に3、4回パン作りをするようになりました。
そういう事を通して、左脳優位だったのが、右脳も鍛えられてきて、バランスがとれてきました。そしてイライラして人にあたってしまうのが減ったり、人の話を落ち着いて聞けるようになりました。
そして私は先日の10月20日に開催されたいのちの森文化財団青少年育成公開講座での馬場俊彦先生のお話を伺い、わたしは昔からあこがれていた大学にいく決意をあらたにし、卒業の日を12月末を目標としました。
あこがれていたというのは、幼いころ、私は身体が弱く、母がとても心配して救急車でよく病院に連れて行ってくれたり、いとこ達と近くのやさしいお医者さんにお薬をもらいによく行っていたことがあって、お医者さんという存在に光を感じています。
なのでお医者さんになりたいのです。
それがただの想いにおわらないように、自分のなかに正しい判断基準を学び、指摘されたことやアドバイスを素直に聞いて実践できるようになりたいと思います。
これでいんだと思ってしまうと、深いところまでいけないという事もありますが、あこがれの人間性豊かなお医者さんになって自分を深める機会が与えられるのにも想像すると心がはずみます。

目標に向かって頑張ります。
担当:中村