ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2013年11月2日土曜日

2013/10/30 一灯を照らす

「利他の心を判断基準にする」
より良い仕事をしていくためには、自分だけの事を考えて「自分だけがよければいい」と判断するのではなく、まわりの人のことを考え、思いやりに満ちた「利他の心」に立って判断をすべきです。
利己の心で判断すると、自分のことしか考えていないので、誰の協力も得られません。
今日、私は自分の私物を押入れに収めるとき、前に入れていた人にどうして入れたままになっているのか、一声、声をかけずに、ボックスを外に出したままにしてしまい、
そういう行為は、心が伴っていないと注意されました。
確かに水輪で基盤とされている、報告確認はとても大切でした。
大阪にいたころ、何もかも勝手に決め、勝手に実行するというクセがまだ完全に治っていませんでした。
常に他者を心に存在させることによって、自分の中の闇を明るくできるのだと思いました。
私も今日、この瞬間から、自分の一灯を照らすためにも、報告確認を出来るだけしたいと思いました。
今日は、唐辛子味噌作りをしました。
少しかじってみただけでも、とっても辛かったです。けれども、とっても美味しかったです。ぜひ食べに来てください。

作ってくれた鷲尾さんありがとうございました!!!!
担当:中村