ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2013年1月17日木曜日

実習生の成長記


皆様こんにちは。

実習生YSさんのワークシートをご紹介させていただきます。

12月31日のワークシートです。今年も終わりです。前よりは、一瞬一瞬の目の前にあることに集中出来てきているかなと思いました。今年は一瞬一瞬をもっと大事にしたいです。早く社会復帰ができる土台作りをしたいです。今年はいろいろお世話になり成長するように頑張りたいです。

12
あというまに去年は過ぎ去ったなぁという感じでした。意識を切り替えることを上手くなりたいです。もっと頑張ってどっしりとした落ち着いた自分になりたいです。ものを大切にしていこうと思います。

13
最近実習に張り合いがあります。今までは調子が悪いとかをよく口にしていましたが、意識が変われば調子が悪くなくなったのを知りました。そして、何事にもしんどくネガティブになれば意識を変えればいいのだと思い実行しています。
「一瞬一瞬目の前のことに真剣に集中する」という目標に近づいてきたように思います。

14
人に矢印を向けるのではなく自分も内省することも大事だとわかりました。すると頭痛が起きてきても、内省をし意識を変えることによって目の前のことに集中できるようになった。

水輪に来て半年になりました。最初は自立するという考え方も身についておらず今後の方向性もあまり定まっていない方でした。しかし、いのちの森水輪で生活していく中で、一つ一つのミーティングや日々の一つ一つの生活実習を学び深めることを通して少しづつですが考え方が変わってきました。

YSさんも一足飛びに考え方が変化したわけではなく、環境が人を作るという言葉がありますが、いのちの森水輪という環境に入ったからこそ、いのちの森水輪の考え方方向性に共振現象を起し、自立心や人間として何が正しいかという方向性が少しづつ見えてくるのだと思います。

共振現象とは理屈を超えたレベルのことだと思います。いのちの森水輪には様々な悩める若者達が実習に来ます。若者たちも実習を通し、いのちの森水輪の理念に触れ、心と心が共振し、溶け合い、新たな方向性展開が見えてくるのだと思います。そうした、方々のネットワークにいのちの森水輪がなれればと思います。

いのちの森水輪は常に成長発展という、高い志(方向性)を持ち続け日々皆と一つ一つの日常生活を通して高め合っています。

そして僕たちもいのちの森水輪の理念が高まり続けるよう日々内省を深めていきます。

担当:江見