ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2013年1月21日月曜日

今ここに生きる勉強会


皆様こんにちは。

僕たちがテーマにしている今この瞬間に生きるということをテーマにして、ミーティングを開きました。その感想をご紹介させていただきます。

YSさん
一生懸命に目の前のことに全力を尽くす。先にどういう事が待ちかねているかを想像して考えるより、今を一生懸命に真剣に生きることによっていい人生が、待っていると思います。生きるという事は、感謝があって当然なことです。雑念を持たずに物事を実行する事も今に生きるてるような気がします。同じ作業をやっていても雑念が入っている人といない人とでは、仕事の効率も違ってくると思います。働くということは今に生きることに一番のような気がします。くよくよネガティブな感情を持たずに、今に集中する事は健康面でもいいような気がします。できるだけ食事の時勉強会の時話の場の時正座を持続することを通して今の心の感じ方をより実感したいともおもいました。

IYさん
今に生きるということは、目の前のことに対し一瞬一瞬気を込めること。目の前のことを意識的に考えることではないかと思います。しかし本当に今に生きている状態というのは、ひとつのことを見ながら全体が見えている何かをしているとき、今やるべきことがスッと降りてくる。感じ取る。
それが本当に今に生きているということではないかとおもいます。
しかし、言うのは非常に簡単ですが、実行するのは非常に難しいことだと思います。僕自身もまだまだそこには至っていません。日々の実習の中でこれから今に生きることを、深めていこうと思います。頭でわかっていても全く意味がないので実行あるのみだと思います。


皆と意見をディスカッションすることを通して、自分の考え方あり方をより客観的に捉えることができます。そして、自分の考え方は正しいのだろうかそれとも、間違っているのだろうか相対的にも見ていきます。




いのちの森水輪の理念でもある心を高める人生を共に開き生きるということの具体的な実践例だと思います。


担当江見