ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2013年1月13日日曜日

ワークシート紹介


皆様こんにちは。

今日はスタッフのKTさんのワークシートをご紹介させていただきます。

今日で30才になったと同時に畑、館内、厨房の総リーダーとなった。この役割を与えられたということは重大な使命を持っている。今年一年の結果はすべてこの1・2ヶ月間の準備期間にかかっている。研修生をしっかり育て今から本番のため、実習を時間内に終わらせる実力をつける。私はとにかく全体がスムーズにいくように皆が成長できるように、システム他色々なことに気づき変えていく。そして自分はとにかく深い境地にたどり着けるよう、よく内省し自分のエゴと弱さと徹底的に向き合う1年だ。何もかも捨てとにかく全てに自分を捧げていこう。私の神様への祈りのフレーズ「神様私をあなたの平和の道具としてお使いください」まさにその言葉に尽きる。いのちの森水輪に来るまでの苦しかったあの13年間が私に教えてくれた、生きることの価値や、人間の力は偉大だということ。病にかかって絶対に回復できない、自分だけは無理だと思っていた自分が、神様を拠として信じることで奇跡的にチャンスを与えていただいた。水輪に来て目の前のことを一生懸命やり続けることで見えてきた世界。万象の根本は同じ、私は希望を失った若者達の自立をするお手伝いができたらいい。30才の誕生日を迎えとにかく深く深くなりたい。


そして数日後のワークシートです。

ミーティング久々のみどり先生交えてのミーティング。ビシッと言う。相手の心に入っていくように、伝えていく。それを私もできるようにならないといけない。それには自分がもっともっとびしっとやり抜く。仕事も人に対しても一つ一つを完璧にしていくこと、これが最も重要だ。①早口で喋らない。様々な状況があっても必ず相手に伝わることを目的としてやる。②言葉を慎重に選び分かりやすく言う。③スムーズにいくように自分自身連絡手段を考える。
まだまだ未熟な私だけど、未来の自分はできる!そこにたどり着けるようにど真剣にやり続けるのみ。


いのちの森水輪のスタッフの人たちはいのちの森水輪でともに心を高め開き生きながら働くということ自体が自分の志であり生きがいであり、仕事であり、ライフスタイルとして営んでいます。


逆に自分の本心の心は、やりたいと思っていないのに、親の教育で、勉強をしすぎて、キレる子供が増えていたりする。このことからみても、アンバランスな状態とは、心と体と脳が統合されず分離している状態からなるものだと考えます。







いのちの森水輪が目指している方向性は、自分の志(自分の心が本当に指す方向性)と現実的にやるべきこと(仕事や生活等)が一致していること。その状態こそが人間が本来求めるいのちを根底においたライフスタイル(生き方)であると思うし本当はその生き方が生きがいになるんじゃないかと思います。