ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2012年12月20日木曜日


 皆さん、こんにちは。

 今日は、大雪により崩壊してしまった三棟のビニールハウスの横に、溝を掘る作業をしました。
 やる目的は、ビニールハウスの排水を良くするためと、雪解け水がたまらないようにするためです。

 ファームの人以外に館内、厨房の人達も総動員で作業をしました。

 三つのチームに分かれ、リーダーを筆頭に動いたのですが、役割を分担してそれぞれがやるべき仕事を一生懸命に取り組む姿勢は、とても輝いていました。

 一生懸命頑張ることは自分のためであると同時に、周りにも良い影響を与えるという意味で皆のためにもなると思いました。

 水輪の男性陣は、親切な方が多く、重い荷物などは自ら持ってくれたり運んでくださるので、そういう優しさも感じることが出来、うれしかったです。


 一つの目標に向かって皆で力を合わせてやることで、仲間意識や団結力、協調性などが少し身についたのではないかな、と感じます。

 一人や少人数では出来なかったり大変なことも、皆でやると出来てしまうので、人数が多いということは素晴らしいことだと感じました。

 作業をやる前はとても寒かったのですが、水気を含んだ重たい粘土質の土を掘ったり、運んだりしているうちに、身体が熱くなり上着が要らなくなっていました。

 最初は曇っていた空も、気がつけばお日様が照っていました。