ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2012年12月12日水曜日


20121211日 客観シェアリング

 皆さん、こんにちは。
 今日も雪かきから一日が始まりました。

 さて、昨晩私の客観シェアリングというものが行われました。客観シェアリングとは、その人の直した方が良いと思うことを他者が発表し、その人の気づきと成長につなげるものです。

 まだ途中なのですが、初めての客観シェアリングは多くの気付きがありました。
 いろんな意見の中で、心に響いたものをご紹介させていただきます。

 まず客観シェアリングを終えた感想ですが、どんなこともとにかく一生懸命やり、集中力をつけることが今の私に最も必要で大切なことであることがわかりました。

 なぜ一生懸命やることが大切なのかについて、それは万病に効く薬であるからだそうです。
 また一生懸命ということは、深い心と深い心がつながりあうことであり、それがいわゆるスピリチュアリティであるのだそうです。
 本当に一生懸命やっていると、物や人や自然など、ありとあらゆるものと深いところで繋がることが出来るのだそうです。

 次にご紹介したいことは、気が通る、通らないなどと言うことがありますが、気が通らないのは、心の垢など様々な垢が付いているからであり、垢には雑念も含まれており、それは空間にも残ってしまい気が通らなくなる原因になるのだそうです。

 最後に、人生においていろんなことが起きたとき、なぜこのような状況が起きているかを常に内省し、矢印を外側でなく自分に向けることが大切であると言われ、とても心に響きました。

自分だけでは気付かないことを教えてくれる他者は、自分の成長にとってとても大切な存在だと思います。

今回言われたことを受け止め、直してよりよい自分になれるよう努力したいです。

これらは、今日の夕方撮った写真です。