ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2012年12月9日日曜日

2012年12月9日 ダイヤモンドの原石


皆さん、こんにちは。

 日に日に雪の降る量が増していき、吐く息が白くなるほど寒いですが、寒さに負けず頑張っています。
 
 さて昨日ですが、水輪では株式会社エイブルワークの社員さんとの座談会が開かれ、私も参加させていただいたので、そのことについて書かせていただきます。

 まず私が一番印象に残っている言葉は、「皆さんは本当はものすごい力を持っている、ダイヤモンドの原石である。」というみどり先生の言葉です。

 輝きを曇らせるのは、考え方の癖で、輝きを発揮させない考え方をして自分で自分を制限しているのだそうです。

 そして本当に幸せになるには、自分の心の癖やマイナスの心のパターンを知り、自分を本当に愛することなのだそうです。

 また、自らを尊ぶ心=自尊心がとても大切で、それを本当に持てたら、どんなことも学びのためにさせて頂きありがとうと思え、傷付かなくなるとおっしゃっていました。

 他に心に響いた言葉は、「会社は自分の人間作り、成長をさせて頂いている道場である。」と「自分自身をよりどころにする」の二つです。
 
 自分自身をよりどころにするということは、自分を信じることで、それは自立することです。

 私が会で最も印象に残った言葉はみどり先生の言葉でしたが、みどり先生以外のスタッフの方や、アシスタントスタッフ、研修生の方々の言葉もほんとうに素晴らしく、あっという間の4時間でした。

 また、自分が水輪にいられることがどれだけ幸せなことかを感じました。先輩スタッフの方々の話を通じ、「人は変われる」ということもよくわかりました。

 とてもかっこよく見える先輩も、そこに到達するまでには、何度も極限状態を味わい、何度も帰りたいと思ったと聞きました。

 何があっても、何を言われても逃げなかったから人格的に成長できたのです。

 皆さんのダイヤモンドはどれくらい輝いていますか。せっかく頂いた命を、最大限生かしたいと思います。