ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2012年12月3日月曜日

2012年12月3日 盛和塾若手経営者勉強会に参加して


皆さん、こんにちは。

今日は朝から雪が降り、辺り一面真っ白な銀世界が広がっていました。

寒さが本格的になりつつある今日この頃、皆さん風邪にはお気をつけ下さいね。

さて、今回のブログは、スタッフ研修をさせていただいております、
堀坂里絵が担当します。私は先月の二十日に水輪に来たばかりなので、
こちらでの暮らしを通じて感じたことを書きたいと思います。

 私はあまり社交的ではないし人見知りをしてしまう性格なのですが、
水輪で暮らしている皆さんに対しては、緊張や萎縮をすることもなく、
不思議と安心できています。

一人一人の方が、ほんとうに素晴らしいので、
私もこういう人になりたい、と思うのです。

どんなところが素晴らしいかというと、まず言葉遣いが丁寧で、
綺麗な日本語を使っている人が多いところです。

次は心が綺麗な人が多いところです。人に対して親切で、
優しくて、思いやりがある人ばかりだなあ、と感じます。

そんな人ばかりであるのは水輪のトップであるみどり先生、研一先生がそういう方であること、

そして素晴らしい水輪理念のもと、「自己を高め人の役に立つ」ということを目指して今を生きる努力をしているからに他ならないと思います。

今はまだまだ未熟ですが、ここにいる心が綺麗な皆さんの心に追いつけるよう、
そしていつか追い越せるよう、ひたすら今に生きてエゴを減らしたいと思います。

ところで、つい先日盛和塾という若手勉強会が開かれ、
そこに参加させていただきました。そこでは会社の社長さんや経営者の方がどうしたら会社運営を円滑に出来るかを話し合います。

私が勉強会に参加して最も心に残った言葉は、「美意識を育てる」です。
会社を運営するにあたり、徹底的に掃除することの大切さを感じました。
また、これからはもっと掃除をがんばろうという気持ちになりました。

水輪では掃除をする機会がたくさんあるので、そのつど手を抜かず一生懸命やることで、気付かないうちに自分の中に「美意識」が育っていくような気がします。

私はどちらかというと綺麗好きではなく、汚くても平気であり美意識が低いと思うので、これから掃除を一生懸命やることで美意識の高い人になりたいと思います。

次に印象に残った言葉は、「良知経営」です。
ここでいう「良」とは、「心」のことで、すなわち人格を高める経営のことを言います。水輪はまさにそれを実践している場だと感じます。