ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2012年12月22日土曜日

2012年12月22日 本当の人間関係


皆さん、こんにちは。

 今日はお昼のミーティングでの出来事について書きます。
 
 実習生のSさんが実習中、研修生I さんの言った言葉を二回オウム返しをする、
ということがありました。

 その件で皆が意見を言ったのですが、その言葉に感動したので、書かせていただきます。

 人を選んで馬鹿にして、ちゃかしている。そういうことをするのは人として正しくない。みどり先生の前で同じことが言えるのか。

 特に印象的だった言葉は、本当の人間関係は、真剣にやってくれる人に対し真剣に関わること、一生懸命やってくれる人に対し、一生懸命受け止めること。
そういう人間関係を作ることが大切、という研修生Eさんの言葉です。

 研修生Eさんは、涙を流し声を震わせながら、真剣に叱っていました。

 私はEさんの、本気でSさんに向き合う姿に感動しました。人のために、叱りながら涙を流せるなんて、ほんとうに美しい涙だと感じます。

 人として悪いこと、してはいけないことをきちんと教え、伝え、二度と同じことをしないよう、人として正しいことが出来る人になれるよう、人の気持ちが解る人になれるように、という気持ちからSさんを叱るEさんの心の美しさに感動しました。

 人のためにそこまで本気になれるEさんはとてもかっこよかったし、
すごいと思いました。
 
 皆の前で思い切り叱られたSさんは、声を上げて泣いていました。そんなSさんを見てみどり先生は、「自分の感情をさらけ出せるのを待っていた。初めて本気で泣いたね。」
とおっしゃいました。

 自分の感情をさらけ出すことは私も苦手なので、いつか私も自分の感情をさらけ出せるくらいオープンな心になりたいと思いました。
 と同時にEさんのように、人のために本気になれる人になりたいと思いました。