ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2012年12月17日月曜日

2012年12月16日 地球の光


  皆さん、こんにちは。
 今日は久しぶりに、寒さが和らいだ一日でした。

 さて今日の夜は、地球の光という歌の練習をしました。この歌はみどり先生が作詞をされました。
 私はたった一回しか聞いたことがないにもかかわらず、なぜかメロディーがわかり歌うことが出来ました。

 歌いながら、なんて良い歌と良い歌詞だろうと感じました。

 歌詞の中でいくつか、気になったフレーズがありましたので、ご紹介します。

 むかし、人の心は鏡のように澄んでいた

 緑の大地に光、花、力、夢、愛があふれ、人と自然は喜び合った
 
 自分を守る言葉は要らなかった

 今何を思い何が出来る
 
 あなたと私、鳥、風、魚は地球の子供 などです。

 この歌は、地球を輝く星にするために、私達が何を思い、何をすべきかに気付いてくださいというメッセージが込められていると思います。

 私達人間は、ありとあらゆる生き物の母なる大地である地球の危機に気付き、消えかかっている地球の光を取り戻すための思いと行動をしなければいけないと思います。

 自分のためではなく、地球のためを考えられる人になりたいです。

 大切なことに気付かせてくれる素晴らしい歌、ぜひ聴いていただきたいと思います。

 クリスマスコンサートで歌う予定ですので、ぜひいらしてください。