ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2012年10月18日木曜日

成長する




夜のミーティングの内容です。


実習生Kさんのこうした方がより良くなる点について話あいました。


Kさんはおしゃべりが多く、そして、内面的な傾向性として、相手の反応に対してついついネガティブな思い込みの思考に陥りやすい傾向性があるようです。


自分ではわかっているつもりでも、なかなか自覚できないのが人間の性です。


どうやれば自覚できるかというと、簡単な方法は本人に常に言ってあげることです。


おしゃべりが始まったら「おしゃべりが始まってますよ」と言ったり、ネガティブな傾向性になっていると感じたら、きちんと事実を確認して、思い込みをなくす、それの一ミリ一ミリの反復により、改善されていきます。


注意をするということは、根底には相手の成長のためにという思いが深まっていくと思います。そして、注意された方は、自分の問題点がより一層自覚できます。そうやって、ともに人間同士高め合っています。