ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2012年9月20日木曜日

人の成長


皆様こんばんは。


今日は、人の意識が変わっていくということについて考えます。


人の意識が変わるということは、並大抵のことではありません。集合時間を必ず守らせたりします。とにかく時間感覚を持たせるということは大切です。


時間感覚というものは社会の約束事です。1分でも集合時間が遅れればそれは遅刻です。電車であれば、乗り遅れになります。しかしその意識は当たり前なのだけれど、その意識を持たせるということは、大変なことです。


こまめに、集合時間を皆にチェックをしたり、声かけをしたり等、毎日毎日毎食毎食の繰り返しにより、時間感覚等が脳の中の脳内回路として刷り込まれていきます。そのことで人の意識は変わっていきます。


それが1mm1mmの人間の意識が変わっていくことだと思います。