ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2012年5月5日土曜日

実習の中での気づき


皆様こんにちは。


国際アントロポゾフィー医学ゼミナール・日本シュタイナー幼児教育協会教員養成講座が無事終了しました。ボランティア・スタッフ・実習生総勢30名の体制でサポートさせていただきました。


一週間ほど気の抜けない中で、皆とても素晴らしいことに気づかれていました。


主にお給仕をメインに担当したI君の気づきです。



今までの自分は何か人に注意された時面白くないと受け入れれないことがよくありました。自分の役割に今この瞬間に集中して行なっていると、注意されていることもポジティブに考えれるようになってきました。今を振り返れば、去年から今年にかけての12月~3月の間とても僕に対して特に厳しく接してくれたスタッフの方々にとても感謝の念がでてきます。


それに対しての返答です。人間性の厚さ人格はこの一つ一つの実践の中で厚くなってくる。これからは、どれだけ切り替えることができるか、そして、どれだけ自分の心境を客観的に観て手放す状態ができるか、実践あるのみですね。ということでした。


I君は水輪に来て2年間になりますが、これからもどんどん成長してくれると思います。