ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2012年5月30日水曜日

ミーティング


皆様こんにちは。


今日話したミーティングをご紹介します。


みどり先生がお話くださいました。


この命何のために使うのか、物質的なところにつかうのか?志高く生きるのか?そういったことを教えてくださいました。


みどり先生は医療ミスにより重度の脳障害を抱えてしまった娘の早織理さんとの関わりの中でいろいろな苦しいと思われる体験をされました。


医療ミスに対してどうしてこんなことになってしまったのかと、そして苦しみの中でなぜなぜ早織理さんはこんな医療ミスに出会ってしまったのかといつもそういう思いが堂々巡りしていました。そういった苦しいことを一つ一つ転換していきました。障害児の早織理さんに世の光をではなく早織理さんが世に光を。障害児を持つかわいそうな親ではなく、障害児を持って今はとても幸せだというように(これは色々ある体験のうちの1つですが)毎日毎日今、今、今にもどり目の前のことに対して心の転換を一つ一つしていきました。


そして、全ては考え方と意識が全てだということに気づかれたそうです。考え方と意識をネガティブなほうに持っていくのではなく転換転換をしていきなさい。そのためには今。今に集中してやるべきことはきちんとやり、自分の土台作りをしていきなさいと僕たちに教えてくださいました。




僕たちは毎日毎日のまず土台づくりとして、自分の与えられた役割に徹していきます。