ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2012年3月19日月曜日

味噌づくり

皆様こんにちは。


いのちの森水輪で一つ一つの実習を心を込めて行なっているからこそ。みんな本当に考え方が深まっています。


本日は、味噌作りの実習を行いました。


大豆を前日から仕込み、当日茹で上げ、味噌すり機ですりつぶしていきます。すりつぶした大豆と、塩、麹を手で混ぜ合わせ味噌を作っていきます。今回は合計で、約160kgの味噌を作りました。この味噌は丸一年熟成させて食べることができます。


今回の味噌作りは、四人の方々で行われました。


今回味噌作りをしたIさんの感想です。
一言とても楽しかったです。僕たちが、実際に大豆の種をまいて、草刈もしました、そして一生懸命育て、収穫した大豆を実際に味噌作りの加工をするという体験を通して、生産から加工まで一から十までのすべての循環を感じることができました。僕たちが作った味噌を自家用として食べたり、お客様に提供したりするということを考えると、これからの畑実習も頑張ろうという気持ちが自然に湧いてきました。買ってくる味噌とは違い、豆から手作業で作れるのは、とても貴重な体験です。水輪でこそできる体験だと思いました。








生産から、加工、販売まで、一連の社会の循環が、いのちの森水輪で深く学ぶことができます。