ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2012年3月10日土曜日

立場が人を作る

皆様こんにちは。


相手の気持ちを理解することは難しいものです。しかし、毎日毎日の日常の生活の体験の中で、相手の気持ちが、腑に落ちて理解することが増えていきます。


いのちの森水輪では、いろいろな役割分担の中で生活をしています。


最初に来た実習生は、気を配る練習として、ご飯を食べるときに、お味噌汁をついだり、料理をみんなが食べられるように回したりという下座の練習を行います。そして、その後もいろいろな心と体の経験を積んでいきます。そして、新しく来た実習生に自分が今まで水輪で学んできたことを伝えていくということも経験していきます。


何ごとも頭の中で理解しようと思っても理解することは難しいです。しかし、体験を積むことにより腑におちて理解することがあります。


下座を体験して、初めて下座の心がわかります。実習のリーダーをやることにより、初めてリーダーの苦労や、責任という心がわかります。


立場が人を育てるという言葉があります。


色々な役割を体験することにより、相手の心も少しずつ理解できるようになっていき、自分自身も深まっていきます。


そのようにここに来た実習生が成長していく姿を、見ていると、僕も頑張らないといけないなと思ってきます。

心知り 体験つんで 深めゆく 
 一ミリ一ミリの 人生の道