ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2012年3月31日土曜日

水輪理念

ここ何日間か、いのちの森水輪通信の発送でブログの更新がストップしていました。引き続き更新していきますので今後ともよろしくお願いします。
封筒にのり貼り中です
水輪理念のご紹介をさせていただきます。






自然から学ぶ
 水輪は標高1千メートルにあります。この標高の波動は、ちょうど母の胎内と同じ環境であるといわれています。原初とのつながりを思い起こさせる癒しの波動に満たされています。また、水輪の建材はヒノキが中心に使われており、自然の気を人工物により遮断することなく室内でも体感できるようになっており、リラックスと瞑想には大変適した環境です。 静けさにも音があり、月の光りにも音があることなど、都会では忘れがちな感じる心を自然は呼び起こしてくれます。
自然は大きな癒しの力を持っています。また、様々な気づきを与え、宇宙という全体性を見せてくれます。宇宙意識とは自然の意識です。自然の波動を感じることによって、その意識を思い起こし、心はきっと何かを発見するでしょう。自然と共にあることが水輪の大きな原点です。
また、1千メートルという標高はハーブの生育に大変適しており、周囲はその宝庫です。ハーブの栽培や、ハーブを使った料理、その他植物や自然環境の持つ癒しの力と恩恵を最大限に活用してゆくこともこれからの課題です。これまでの食生活を見直し、質素であるけれども真に心と体を健康にしてくれる身近な野草や木の実などを活用していきたいと考えています。「水輪理念より」
僕たちは、お掃除や、自然農の畑を通して日々自分自身を学び深めていっています。

春には春のお野菜の味があります。秋には秋のお野菜の味があります。夏には夏。冬には冬というように季節によって虫の種類も違えば育つ野菜もちがいます。そのような、自然のごく当たり前の循環が、やはり、アスファルトの道路コンクリートの建物という現代の時代背景もあり、自然の当たり前の変化を忘れがちではないでしょうか?いのちの森水輪では、そのような、ごく当たり前の自然の摂理にフッと気づかせてくれます。

 昔の方々は、様々な自然から学んだと聞きます。川の流れ、山の景色、動物、虫・・・。僕たちも、水輪ナチュラルファームの自然農園の畑の中で、草を刈りながら、虫たちの厳しい世界を見ながら、風を感じながら、自然の中から心から感じる学びをしていきたいです。