ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2012年2月7日火曜日

実習生の日々の成長


皆様こんにちは。

毎日毎日の1mm1mmの日常生活の積み重ねがあって初めて人は成長します。人の成長は一足飛びでできるわけではありません。

水輪実習生のMさんは、いのちの森水輪にきて、約8ヶ月になります。

同じ大学の同期の人たちは、次々と自分の仕事を見つけがんばってやっている。しかし私は、大学には行ってみた、メキシコにも留学してみた、しかし、どういう将来を描いたらいいかわからず。なかなか方向性が定まらない、そういった中で人生について迷い悩み、そして、いのちの森水輪に来られました。
風呂掃除をしています

来た当初は、目の前のことに集中できず、注意が散漫な状態でした。自分の考えを、しっかりと持てず、相手に意見をなかなかつたえることが難しい状態でもありました。

しかし、いのちの森水輪に来て8ヶ月。農作業も草刈の手を抜いてしまうと、定期宅配のお客様にご迷惑をかけてしまいます。厨房の実習現場も、料理を出す時間が遅れるとお客様にご迷惑をかけてしまいます。そういった、本番さながらの実習をいのちの森水輪のスタッフと一緒に、真剣勝負をやっていきました。

飾りつけ一つにしても工夫して行います
そういった真剣な実習現場の中で、Mさんは、少しずつ確実に成長していきました。

今では、Mさんは、実習生の中心的存在になりつつあり、他の実習生が間違ったことも、きちんと意見を言えるようにもなってきました。

お客様のベッドメイキングです
Mさんは、いいます。いのちの森水輪にきて、初めて体験することが多いですが、一つ一つ一生懸命やるだけです。しかしここまで成長できたのも、いのちの森水輪のスタッフの方々の明るい雰囲気に良い意味で巻き込まれたからだと思います。これからも、色々な課題に対して前向きに取り組んで行きたいです。といっていました。

自立に向かって一歩一歩確実に歩んでいます。これからの、Mさんの成長が楽しみです。

Mさんの日々の心境を綴った短歌をご紹介します。
 元気とは でるものでなく だすもの 
  気持ちしだいで 出せるもの

 元気だね よく言われるが 誰だって
 気合いれて だせるもの

毎日毎日の1mm1mmの日常生活の積み重ねがあって初めて人は成長します。そのことを、Mさんは証明していると思います。
     
畑を毎日きれいにしていきます。

人生に 迷っていたが 光明が 
 一筋見えて 希望も見える

担当:江見