ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2012年2月18日土曜日

皆様こんにちは。

盛和塾長野特別講師  英国精神科医であり、いのちの森水輪とも、とても縁の深いブレンダ・デーヴィス博士の文章をご紹介させていただきます

今日この日を見よ、それこそが人生最良のもの。そのつかの間にあらゆる現実と真実がある―成長の喜び、行動の輝き、力の光栄。昨日は記憶に過ぎず、明日は空想に過ぎぬ。だが今日をよく生きればすべての昨日は幸福な記憶となり、全ての明日は希望の光景となる。されば、今日この日をよく生きよ。「魂からの癒し チャクラヒーリング」ブレンダ・デーヴィス著より

人は、人生の中で色々なことを経験して今があります。

いのちの森水輪では青少年育成をしています。社会復帰支援行っています。この度は、実習生として新しい方が来ました。僕たちもそうでしたが、最初は何がなんだかわからず不安もあります。心配もあります。しかし、ここで、畑や、お掃除、ミーティングなどありとあらゆる生活の場面を通して、少しずつ、不安もなくり、人間として正しい考え方、正しい行動が確実に身についていきます。そして、ある段階を越えたときとても、すっきりしたいい表情になってきます。そうして、どんどん自分自身の人生も考え方もいい方向へいい方向へ向いていきます。感謝の思いも出てきます。

人は過去において辛いことも経験します、しかし、この辛い経験があるからこそ、より一層今この瞬間を一生懸命生きることができるのだと思います。そのときに、過去の辛い経験は感謝の思いに転換するのだと思います。そんな人生を、いのちの森水輪に来られた方々と共に歩めていることはとても幸せなことです。
水輪スタッフのSさんの短歌をご紹介します。
雪が降る つもりつもって きたえられ
やがては消えて 春は来る

担当:江見 陵太郎