ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2012年1月15日日曜日

1月14日「青少年育成講座」

みなさま、こんばんは。




「高野山真言宗阿闍梨 宮島基行先生」の青少年育成講座に参加した実習生Mさんの感想文をご紹介いたします。

「今に生きる」というテーマで集中すること以上に深い意味もあるんだと教えて頂きました。私たちは赤ん坊のころは「今に生きる」ことが自然だったのに心と体がバラバラになってしまった。それは悪いくせをつけてしまったからです。そしてそれが自然になってしまった。

宮島先生は赤ちゃんは今に生きているとおしゃっています。私たちは大人になるにつれ、複雑になり、考えも複雑に考えすぎ、心も複雑な状態を作ってしまいます。







今に生きることが本来のことであり、本当はとても楽なことでもあるのだと思います。一秒前も過去であり、過去を引きずって、今に生きていないところから、苦悩が始まるのだと思います。

その今もまた過去になるように「諸行無常」といって物事は常に変化していてとどまることはない。常に同じなんてことはないので、私自身もいい方向を目指して進んでいきたいと思いました。

今までの悪いくせを断ち切れるよう忠実に今目の前のことに集中しひとつずつクリアして旗をたてていきたいです。


Mさんは宮島先生の講座に出させて頂き多くの学びと気づきを得ました。

ありがとうございました。