ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2011年10月19日水曜日

10月19日心と体を強くする「養生」365日 

 心と体を強くする「養生」365日  / 帯津良一・帯津三敬病院名誉院長


10月20日発売の著書をご紹介いたします。

この著書は「水輪養生塾」の車座交流会の記録をもとに帯津良一先生が書いて下さいました。





1月3日・不安や落ち込みは誰しも感じること

病気であろうとなかろうと、不安や落ち込みとまったく無縁、というわけにはいきません。誰だって一緒、私だってそうです。

人間は生きている以上、不安でかなしい存在だと決めてしまって、そういうものだと思えばいいのです。それに限ります。

ときめくのは、どんなことでもいっぱいあります。それこそ、食べ物が一番簡単です。

おいしいものを食べているときは、何よりときめきを感じています。そういうときめきを感じることを、毎日やっていくことに尽きると思います。



1月19日・つらいことが自分を向上させる

つらいことがあったときに、とにかく自分が向上するための障害物だと思っています。

これを乗り越えて、日々高まっていって、死ね日までに最高に持っていくというのが私の願いです。

つらいことがあっても、自分の修行のためと思う。天が私を修行させるために与えたものだと。それでいいのです。



上記は著書より抜粋したものです。一日一日が短編で書かれていてとても読みやすい本となっております。どうぞご覧下さいませ。
お求めは書店かアマゾンにてお買い求め下さい。