ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2011年9月15日木曜日

9月15日「目覚めた心」

 皆様、こんばんは。今日は「目覚めた心」の続きをお話します。







目覚めた心の状態に至るために古来より多くの道が考案されてきました。

特に日本文化はこの点が非常に優れています。茶道、華道をはじめとして道と名のつくもの、柔道、剣道、合気道、書道などは、行為の瞑想です。禅僧が行ってきた作務もそうです。



体を使うことを通じて目覚めた心に至ることを目的としています。

私たち日本人は灯台下暗しで、今日ではこれらの道の本来の精神を正しく理解している人は少ないのですが、欧米ではこれらの道はマーシャル・アーツとよばれ、心身が共に目覚めて行く為の有効な手段として高く評価されています。