ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2011年6月6日月曜日

6月6日(月) みんなの畑ハウスの看板に絵を描きました。


みんなの畑ハウスの看板が明るくなりました!
みなさま、こんばんは。 今日もとても気持ちの良いお天気でした。

畑(水輪ナチュラルファーム)のみんなもお野菜定期コースの発送が始まって、顔を泥だらけにして実習から帰ってきます(^^ゞ
男の子たちも女の子たちも。
今は、畑(水輪ナチュラルファーム)チームと館内チームは夕飯を別々の時間で食べています。
今日のお昼はほぼ女性のみで、なんだかワイワイしていました。
畑(水輪ナチュラルファーム)チームのご飯はみんな黙って黙々と食べているらしいです。(笑)
男と女は対照的だな、と思いました。

・ ・ ・ ・ ・

畑(水輪ナチュラルファーム)が活動的な時期はどうしてもファームの話題が多くなってしまいますね・・・!(^^)!
看板左側

看板右側
少し前のことになってしまいますが、
「みんなの畑ハウス」には「水輪ナチュラルファーム」という大きな木の看板がありますが、竣工式の前日から2日間かけて看板に絵をつけさせてもらいました。

残念なことに絵を描いているときの写真はないのですが、背の高い脚立を絵を描くたびに移動させてちまちまペンキで塗って、遠くからチェックして、また塗ってという繰り返しでやっと竣工式当日の朝に完成させる事ができました。

これから、水輪ナチュラルファームの大事な拠点となるみんなの畑ハウスの看板に絵を描かせていただけるなんてすごく心に残る実習をさせていただけたな、と嬉しく思います。
みんなの畑ハウスは、お野菜定期コース発送の拠点やファームのみんなの休憩所でもあり「産直」としてもこれからどんどん活用されていく場所です。

通りすがりの車に乗っている人が、「上手いぞ!頑張れ~!!」と声を掛けて下さったりしました。

一人で黙々と絵を描いていて間に合わないかも、とかこれでイイのかな、とか一抹の不安を覚えながらもとにかくそういう邪念にとらわれないように、とらわれないように描くしかなかったのです。
車から声を掛けて下さった人や通りすがりの人に励まされました。

ひとりの実習でも心はひとりではないと感じたワークでした。