ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2011年6月12日日曜日

6月12日(日) 勉強会・大画面でDVD鑑賞    「阿闍梨が行く」を観ました。

みなさま、こんばんは。 昨日はブログのUPが遅くなってしまい、すみませんでした(^^ゞ

昨日の夕食後は、水輪スタッフ&実習生みんなでワーキングスタディ勉強会をしていたのです。
昨日の勉強会はDVDを鑑賞しました。
新事務所に42インチ(!)の大画面のハイヴィジョンTVがきてから、ビデオ鑑賞会をするのは初めてでした!(^^)!
本当に大きな画面なので迫力満点!!
TVを買うときもう少し小さい画面のにしようかという話も出ていたみたいですが、先生方は折角事務所が広くなるんだし、人数も増えたので大きな画面で見させてやりたいと言って42インチのおーきなTVが新事務所にやって来ました。

ワイド画面の事はこれくらいにしておきます。(笑)
すごい大きな画面でビデオ鑑賞しています
昨日はDVD「阿闍梨が行く」をワーキングスタディ勉強会で鑑賞しました。
阿闍梨とは、サンスクリット語で軌範を意味し人を導くという意味もあるそうです。
このDVDは、藤波源信阿闍梨が千日回峰行に挑んだ記録です。
私もこのDVDは前からずっと観たかったので楽しみにしていました。

DVD鑑賞が終わり、最後にひとりひとり感想文を書きました。
みどり先生もこの藤波源信阿闍梨の挑戦は特別なことじゃないんだよ、とおっしゃっていました。

「自分に限界はない」

「限界を作っているとしたらそれは、自分自身が作り出しているものなのだ」

ということをこのDVDを観て強く感じました。

みんなの感想文はまた今度ご紹介したいと思います。