ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2011年5月8日日曜日

5月8日(日) Bちゃんの決心。

水輪ではこぶしの花が美しく咲いています。
みなさん、こんばんは。



今日は気持ちのいいお天気の飯綱高原でした。



こぶしの白い花が水輪の中庭に華やかに咲いていました。



山桜も水織音の脇に咲き始めたようです。


 そんなゴールデンウィーク最後の今日、ワークスタディー実習生のBちゃんのご両親とお姉さんが水輪にお見えになりました。



Bちゃんは、半年前にワーキングスタディー実習に入りました。



来たばかりの頃は、感情を表に出さないお人形のような子でした。



最初は自分の中でいろいろ葛藤があったみたいです。



でも、昨日の茶話会でスタッフの山下さんから、その前の夜Bちゃんがみんながあがった後も片付けをしていて、他にも頼まれごとをしたときに気持ちのいい返事をしていたという報告がありました。



疲れているはずなのに、その疲れを出さずに頑張っている姿を見て、山下さんはBちゃんの中に何か変化が現れてきているようだと思ったそうです。

むすかりの花。青紫色のかわいい花が咲いていました。
半年間ワークスタディーで人と関わり続けている内に、Bちゃんの中に前向きな力やいろいろな感情が出てきているようです。



当のBちゃん自身は、余り自分が変わったとは思っていないみたいですが、毎日接しているスタッフや他の実習生は彼女の変化に気づいていました。



最初、シェアリングでBちゃんはご両親にまだまだ甘えたいと思わせるようなことを言っていたそうです。



でも、その何日か前にアシスタントスタッフ最年少の江見くんがご両親と久しぶりに対面をして思うところがあったらしく、Bちゃんのシェアリングで彼女にアドバイスをしたそうです。

緑萌ゆる、芽生えの季節です。
「自立をするのは寂しいかもしれないけれども、心の中で両親がちゃんと支えてくれているから寂しくないんだよ。」



Bちゃんと同世代でアシスタントスタッフとして頑張っている江見くんからのアドバイスは、彼女の心にすんなりと入っていったみたいです。



Bちゃんはご両親と話し合いをして、自立へ向けて頑張ることを決心したようです。