ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2011年5月5日木曜日

5月5日(木) ワークスタディーとは何ですか?


レストラン実習中。真剣にひとつひとつ注いでいます!
みなさま、こんばんは。


ゴールデンウィーク最後の今日もとっても気持ちのイイお天気の飯綱高原です。

ゴールデンウィーク宿泊期間中のお客様たちも気持ちが良さそうに中庭で腰を掛けて日向ぼっこを楽しんでいたり、水輪併設の自然農園を散策されたりしていて飯綱の自然をからだいっぱいエンジョイしておられました。

とっても評判のイイ水輪特製手づくり漬物。
昨日久しぶりにお給仕をしたのですが、(お給仕はレストランでお客様にお食事をサーブする実習です。)普段酵素玄米と自然食を主にお出ししているレストラン・グリーンオアシスでは、ステーキが出るという嬉しいハプニングがありました。


このステーキ、特別なときしかお出ししておらず、研先生が直々にその場で焼いてくださるんです!

研先生のステーキにはファンがつくほどですから、お客様も嬉しい悲鳴を上げておりました。(笑)

(メニューボードにも書いていませんでした。)

すみません。話がそれてしまいました。(^^9)” 


お客様の嬉しそうなお顔を見たら、ついレポートしたくなってしまって・・・
きれいにお花のにんじんを飾りました★
ワークスタディー実習では、実社会に出て役立つ能力を育む実習がいろいろあります。


レストランでお給仕をしたり、厨房からお料理をお出しするのもその内のひとつです。

実際にお客様に接することにより、ホスピタリティを育む目的もあります。

週末にはお客様がお越しになられるのですが、おもてなしの心を学ぶためにレストラン実習があります。
カウンターでお客様とのひとコマ。
最近新しい人がどんどん増えてきました。


ワーキングスタディーとは何だろうと思っている人へ・・・

今日はワーキングスタディーを通してどんな事を学んでいるか、厨房担当のアシスタントスタッフFさんに聞いてみました。

Q.新しい人が来たとき、
「心と体のワークスタディー・働く基礎練習実習とは何ですか?」
と聞かれたら何と答えますか?


アシスタントスタッフ


Fさん(30代/女性)

「まず全ての行いは誰の為でもない自分の為である。自己実現の為である。ワークスタディーを通して自己を見つめ自己を深める。自分の中に起こってくる様々な問題をひとつずつ見つめて改善、修正をしていく。ひとつひとつのワークを一生懸命行なうことで今に生き、生きる意味と価値を見出す。ワークスタディーで私が体験した事は、人生楽しむコツはどれだけ本気で事に当たるかということ。そこで見る雑念のない、すっきりとした世界は素晴らしいものがあった。これを日々継続出来れば、自分でも思ってもみない能力が引き出せるようになるだろう。日々何の変哲も無い日常生活を送る中で人間性を向上させ、いかに世に尽くせるかということで喜びを感じ至福に満ちた人生を送るためである。」


自然農園の採れたてハーブを摘んだハーブティーのセット。

現在スタッフ&実習生合わせて20名以上居りますが、みんなそれぞれの段階を歩んでいて、みんなその人その人答えが違います。

また、順々に他の人の答えもご紹介していきたいと思います。