ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2011年5月1日日曜日

5月1日(日) 桜の植樹 part.2

江戸彼岸桜。白いカワイイお花が咲くそうです。

みなさん、こんばんは。

今日の水輪は、過ごしやすいお天気でした。

朝食までは、今、塩沢先生方が暮らしているちゃのまるはうすから早穂理庵、通称・母屋への荷物運びをしました。

みんなで一斉にやるので本当に作業が早いです。

と、いうのも今スタッフ、実習生、塩沢先生一家合わせて26名の大家族です!

前から居るスタッフや実習生は、最近よく「人が増えたな~。」とつぶやいています。

というのも、いろいろ変動はあるものの昔はおよそ半分の人数だったこともあるのです。

20人を超えた時点でもすごいな~と思っていたのに、先月はまた新しい実習生が2人増えました。

話しが少し本題とそれたので戻します。

・・・・・・・

昨日に引き続き桜の植樹について書きます。

今日はお昼を早めに食べて、昨日桜を植えていない人は桜の植樹に向かいました。

アシスタントスタッフのKさんが、桜の植え方について詳しく説明をしています。


せっかく桜を植えてもうまく育たなかったりしないように、みんなしっかりと説明を聞いています。


苗を慎重に丁寧に取り出しています。


Kさんが慎重に植え方の手本を見せてくれています。



実習生のAちゃんが苗を植える穴を掘っています。



みんな大事に大事に自分の桜を植えています。



実習生のYちゃんが苗を植えたところを固めるため、土を踏んでいます。



自分の桜に、名前を書きます。



こんな感じでひとり一本桜を植えました。




毎年毎年、春が楽しみになりそうです。

春が来るたびに自分の桜と自分の成長を比べるかもしれません。

みんなの桜、大地に根を張り元気に育て~!