ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2011年4月28日木曜日

4月28日(木) 春を感じる。



今日の飯綱はとってもイイお天気でした。

ゴールデンウィークのお客様のために水輪の瞑想スペース“まほろば”の荷物を一斉に母屋、早穂理庵に運びました。

朝日がだんだんと昇ってきて、早穂理さんのお部屋からは言葉にできないほどの景色が見れました。

ずっと前にみどり先生がお話しして下さったのですが、みどり先生は重い障害を抱えている早穂理さん(早穂理さんは、自分でお話しすることも、食べることも、歩くこともできず、一日の長い時間をベットで寝て過ごしていることが多いです。)が少しでも気持ち良く過ごせるように、早穂理さんのお部屋に大きな窓を作っていい景色を見られるようにしたそうです。

朝がだんだんと明けてくるのは、いつも気持ちが良いです。

そして、春になったな~と最近感じるのは、水輪の中庭を歩いていると鳥の鳴き声が本当によく聞こえるんです!!

鳥たちも待ち望んでいた春になったのかな、なんて思います。




ふきのとうが顔を出し始めたことは前にも書きましたが、水仙の芽も出てきてもうすぐ水輪の玄関口のいのちの森の看板付近には本当にたくさんの水仙が咲いてお客様をお迎えしてくれます。




中庭では、気持ち良くお食事が出来るように(お天気の日には外でお食事をお出しすることもあります。)冬の間隠れていたテーブルを出したりしました。(写真は、中庭のテーブルにかけるビニールシートを洗っています。)

今日は、ファームチームがみんなで水輪のお庭をキレイにしてくれました。

館内の整備もほとんど整い、あとはお客様を待つのみです。

水輪で素晴らしいひとときを過ごしていただけるように、スタッフ一同心を込めて清掃をしています。