ブログ説明


若者の心の扉を開き、いのちの感覚を目覚めさせ、知力・体力・気力を充実させ、

人間力・仕事力・徳力・生活力・学力・実践力・自分力を養い、世のため、人のために

役立つ人間に成長することを願い、若者の「生き方」と「働き方」と「自立」を応援しています。
ご感想・お問合せは、メール suirin@suirin.com までお願いいたします。


2010年4月19日月曜日

4月20日 給仕・調理の職場実習

実習というと練習のように思えるかもしれませんが、水輪では本番の職場です。

4月17日は盛和塾長野の自主例会が会場水輪で行われました。

盛和塾は日航CEO・京セラ名誉会長の稲盛和夫氏に経営の哲学を学ぶ会で、塾生は経営者、社長さんばかりです。

昨日は自主例会の参加者が約60名あり、お食事の用意や、エスコート、配膳など、現場で実践しました。

しかし、お料理を食卓に運んでも、テーブルがお皿でいっぱいで置く場所がありません。

ビールやウーロン茶のびんは次から次へ空になり、次々空いたビンを下げながら、新しいお料理をどんどん運びます。

なれない経験で戸惑いもあったとは思いますが、なんとか現場は切り抜けられたと思います。

しかし、よくお客様の方を見て、必要なものをお出ししたり、ご飯のお代わりに気が付いたり、様々なことをもっとすばやく気づき、すばやく対応できるようになるには、まだまだ実践での体験が必要です。

これからお客様は次々にやてこられます。

どんな状況にも対応できる仕事力やおもてなしの心の力をつけられるよう、実習を重ねていきます。